ミナ ペルホネン コピー」タグアーカイブ

ミナ ペルホネンがデザインする「イノウエブラザーズ」のニット受注会を青山で開催

「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」がデザインする「イノウエブラザーズ(The Inoue Brothers)」のニット受注会を開催。南青山にあるミナ ペルホネンの店舗「コール(call)」にて、2017年12月10日(日)まで行われる。予約したニットの受け渡しは、2018年9月頃を予定。


photo: Yohey Wakamoto(ACCIDENT)

「イノウエブラザーズ」は、デンマーク・コペンハーゲンで2人の兄弟が創業したブランド。”スタイルは大量生産できない”をモットーに、雄大なペルーの素材を活かした、丁寧で繊細な服づくりを提案している。


photo: Yohey Wakamoto(ACCIDENT)

中でもこだわりは、カシミア以上に細くやわらかな、ペルーの希少なビクーニャの毛で編み立てるニットだ。アンデスの高原に生息するビクーニャの毛は、太陽のように美しい輝きを放ち、「アンデスの黄金」と称されるほど希少で価値が高い。今回は、そんなビクーニャを使ってミナ ペルホネンがデザインしたニットとストール、ショールの受注会を行う。また店頭では、天然のアルパカを使ったヘリンボーン柄のショールも販売される。

from https://www.fashion-press.net/news/35597