メゾン マルタン マルジェラ 2012-13年秋冬メンズコレクション – 再解釈され変容する衣服たち

メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)の2012-13年秋冬メンズコレクションがパリで発表された。会場の中央で、まるで美術館のように洋服やアクセサリーを展示したインスターレーションが行われ、その周りをモデルが歩くという趣向を凝らした演出でショーが行われた。

 

全体的にダークカラーを使用し、ナイロンやフェイクレザーのダークグレーとブラックがメイン。様々なビニール袋がマスキュリンスタイルに生まれ変わった。ベージュやキャメルにのアウターに、ブラックのビニールパンツを組み合わせたルックは、カラーと素材のコントラストが特徴的だ。

ロングコートはショートジャケットに、オーバーコートはPコートに再解釈され、スーツやタキシーは新しいボリュームがデザインされた。新たなドレスウェアとして登場したダーツが印象的なジャケットやドローストリングのルーズフィットパンツ、シアリングでラインを描いたシープスキンコートも印象的。

 

アイテムの’変容’もキーワード。クラシカルなバイカースーツにはジップによってそれぞれのパーツを取り外すことができ、パンツ、ベスト、ジャケットとし ても機能する。ダウンジャケットもニットのスリーブやアンティークレザーのベストなど、各々のパーツを自由に取り返ることができる。

ダークでマスキュリンな世界の中に、レザーグローブ、ボンデッド’キャミオヌール'(ドライバーズニット)、ビニールのボンバージャケットなどが、風変りなフェティシズムのような雰囲気も時折のぞかせて、コンセプチュアルな世界観をより深く印象付けた。

from https://www.fashion-press.net/news/3203

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です