デニムブランド「KURO」リメイクラインに16年秋冬新アイテム、ジャケットやデニムパンツを展開

日本のデニムブランドKURO(クロ)が、2016年秋冬コレクションの“リメイクライン”を発表。2016年8月末より順次展開される。

 

“リメイクライン”はジーンズの伝統的なディテールを解体し、KUROの解釈のもとリメイクという形で再構築したモデルを提案。注目はジャケット。デニム特有の深みあるダメージと汚しの入った“インディゴデニム”に、ミリタリーアイテムで使用している“ジャーマンクロス生地”を見事に組み合わせた。

また、フルレングスのデニムパンツ、ストールも展開。ストールはウェアで使用しているデニムではなく、生地と生地をつぎはぎ破れた上に当て布をしてまた使い、何枚も重なる布と縫い目とつぎはぎだらけの布に刺し子を施し、ダメージ・洗いをかけた、いわゆる「ボロ」の生地を使用。日本でも有数の職人が手がけたストールとなっている。

なお、一着一着職人の手縫いで施されている為、リメイクシリーズは各店舗数量限定販売だ。

from https://www.fashion-press.net/news/25617

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です