メゾン マルジェラよりエストネーション六本木限定ユニセックスTシャツ、テキストプリントの3枚セット

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)より、エストネーション六本木ヒルズ店の15周年を記念したユニセックスTシャツが登場。2018年9月14日(金)からエストネーション六本木ヒルズ店でスタートする期間限定ストアにて発売される。

3枚セットとなったユニセックスTシャツには、フロントの胸元、裾、そして背中にそれぞれ“LIMITED EDITION – ROPPONGI – 15th Anniversary ESTNATION”の文字をプリント。カラーはブラックとピュアホワイトの2色展開で、背中の首元には、メゾンのアイコンである4本の白いステッチが施されている。

また、同日より開催される期間限定ストアではTシャツの他に、メゾンマルジェラの2018年秋冬コレクションにフォーカスしたアイテムをラインナップ。内装は、「シナジー」をテーマにした同シーズンのショー会場を再現した。

メンズウェアは、クリエイティブ・ディレクターであるジョン・ガリアーノによる初めてのコレクション。ランウェイに登場した新しいアイコンバッグ“グラム スラム(Glam Slam)”をはじめ、シナジーを示す記号が施されたビブラムソールのスニーカー“SMS”やパファスリッパなど、クラインブルー、イエロー、レッドに彩られた鮮やかなカラーパレットのアクセサリーコレクションを展開する。

ウィメンズは、「タビ」シューズをはじめ、「アンコンシャス・グラマー」をテーマとした2018年秋冬コレクションの新作アイテムが揃う。

from https://www.fashion-press.net/news/42932

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です