グラニフ コピー」カテゴリーアーカイブ

グラニフ×10人のアーティストによるTシャツ登場、展覧会も開催 – 川上俊、大和田良など

 
左より)川上俊(artless)、古平正義(FLAME)

アーティスティックなデザインが人気のTシャツストア、グラニフ(graniph)と10人の新進気鋭のアーティストがコラボレーションした、「Control Bear 10 Art T Project」。グラニフのマスコットキャラクターであるコントロールベアを、アーティストが思い思いの感性で新たに生まれ変わらせたTシャツが登場し、これを記念したエキシビジョンも開催されている。

コントロールベアとは、クマの姿をしたグラニフのマスコットキャラクター。一見すると可愛らしいが、自らの首を取っているようなブラックユーモアが漂う姿には、他人に流され人生を浪費するのではなく、自らの頭さえもコントロールするような、強い意思を持って人生に臨んでほしいという作家の思いが込められている。シンプルだが、強いインパクトを持って見る者に様々な問いを投げかけてくるキャラクターだ。

Tシャツは全部で10種類。それぞれに、アーティストが独自の目線で解釈したユニークなコントロールベアの姿が描かれている。コントロールベアがどのような姿に変わり、新しい世界を見せてくれるのか要チェックだ。

また、Tシャツの発売を記念した展覧会は、グラニフ原宿では2012年9月5日(水)~9月30日(日)の期間に開催される。そして、渋谷にある「SUNDAY ISSUE」では、9月8日(土)、9日(日)の2日間、オープニングスペシャルエキシビションも行われる予定。Control Bear 10 Art T Projectの各Tシャツ作品とともに、コントロールベアのグッズが一同に展示されている。

from https://www.fashion-press.net/news/4790