フェンデイ コピー」カテゴリーアーカイブ

ファッション性の高いフェンディ洋服

1925年、アドーレ・フェンディ、エドアルド・フェンディ夫妻がローマで創業したファッションブランド。革製品店としてスタートし、ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、毛皮のコートを売り出したことで成功する。このコートはイタリア人女性にとってステイタスを象徴する存在となった。毛皮を用いた製品はフェンディの代名詞とされている。従来の毛皮製品の常識を覆しながらも、品性を兼ね備えた、ファッション性の高い新しいルックを世に送り出している。

フェンディ洋服コピー

デザインは現在、レディースをカール・ラガーフェルド、メンズをルヴィア・ベントゥリーニ・フェンディが担当している。シルヴィアはフェンディ家の3代目にあたり、1997年に発表され絶大なインパクトを与えたフェンディのバッグ「バゲット」のデザイナーでもある。「バゲット」は毛皮やレザー、キャンパス地など様々な素材を用いることで多くのバリエーションに富み、世界中でベストセラーとなった。毛皮製品と同じくブランドの原点のひとつとなっている。

毛皮、バッグの他にも服飾、香水、アクセサリー、サングラス、インテリアアイテムと幅広く展開。最近ではコラボレーションアイテムとしてヘッドフォンも発表、2013年のコレクションでは「バッグバグズ」と呼ばれるフェンディオリジナルのキャラクターも登場したことで話題となった。コレクション展開だけではなく、2013年にはプロジェクト「フェンディ・フォー・ファウンテンズ」も発足。イタリア・ローマの有名観光地「トレビの泉」の修復活動におけるメインスポンサーとなり、歴史遺産を重んじる社会貢献への意欲を示した。
また、ブランドロゴについては創業以来1965年、2000年、2013年と変更されている。2013年にROMAの文字が付け加えられた現在のロゴになった。

FROM:https://www.vogue.co.jp/tag/brand/fendi